南下系プリ先回り調査(2020.12.8)

釣行記
ポクの休みに潮位があいません

三浦半島でも、先週の大潮周りからシーバスの南下系個体の釣果を聞くようになってきました。まだそれでも個体数としては多くないものの、この時期ならではのプリ個体でコンディションも良い。そんなシーパスを狙うもここの所身体のコンディションも不調で、先週の潮周りは流したのでした。

黒潮蛇行はいつまで続くのか。秋が終わらない海

ようやく少しばかり体調も回避くしての朝マヅメ。微妙な低潮位につき、ソコリからのスタート。風も波も「なんだかなぁ」という感じでしたが、調査も兼ねて今釣れているエリアから大きく外れて釣り場へ入る。暗いうちに磯へ到着。なんだか沖からのウネリがある。足元の潮だまりには通称ピロピロの「ムギイワシ」。潮の通す低潮位場にプリ個体が入ってこないかとキャストを繰り替えす。しかし、魚からの反応はない。

今年はマイクロの量がどこも多い

朝マヅメの時間になり、少し場所を動き、より潮通しがよい岬から沖のシモリを通す。潮も先程より十二分に流れていい感じなので、スキッドスライダーを通す。

POZIDRIVEGARAGE(ポジドライブガレージ) ルアー スキッドスライダー95S #11 LCR (ライムチャートレインボー)
ポジドライブガレージの新作「スキッドスライダー95S」通算で4作目となる「スキッドスライダー95S」は秋シーズンのランカーを捕るために制作されたポジドライブガレージ発のシンキングペンシルタイプのプラグです。一見した形状は通常のシンキングペンシルと変わりません。しかし特徴的なのはそのアクションです。デッド~スローリトリー...

薄明るくなってきたころだろうか。徐々にウネリも上がってきたな。でも今日は違うんだよなぁとピックアップ寸前の根際からやっぱり出てきました「おはよう~」と軽快な丸見えバイトをしっかり竿先で返答し、フッキングからのぶっこ抜きであがってきたのはヒラスズピ(笑)どうも今年はご縁が多いようです。

ピックアップ寸前まで飛び出ないスギッドスライダー最強

それでも久々の魚からの反応は気持ちがよい。朝日を浴びながらしっかりとドヤ顔させていただきました。その後は、丸も平からの反応も得られず釣り場を後にした。残り少ない時間の中で満足できる魚と出会えるか。そろそろギア入れて狙いたいと思います。

【タックル】

ロッド: yamagablanks バリスティック hira107m

リール:シマノツインパワーsw4000xg

ライン: X-BraidアップグレードX4200mPE1.2号

リーダー:クレハ シーガー7号

ルアー: スキッドスライダー95s


POZIDRIVEGARAGE(ポジドライブガレージ) ルアー スキッドスライダー95S #05 GHS (ゴールドヘッドシャッド)
ポジドライブガレージの新作「スキッドスライダー95S」通算で4作目となる「スキッドスライダー95S」は秋シーズンのランカーを捕るために制作されたポジドライブガレージ発のシンキングペンシルタイプのプラグです。一見した形状は通常のシンキングペンシルと変わりません。しかし特徴的なのはそのアクションです。デッド~スローリトリー...
タイトルとURLをコピーしました